築年数が10年を越えている建物だと、賃貸でも借り手がつきにくくなります。自宅を貸すなら早めにしましょう。

賃貸物件の火災保険の必要性

賃貸物件の火災保険の必要性

賃貸で儲かる物件は築10年以内

賃貸物件で築何年までならば理想的な物件と言えるかという統計をとった所、約9割の人が築10年以内と答えたそうです。つまりそれ以上築年数が経過してしまうと借り手がつきにくくなるということが予想されます。もし自宅を賃貸物件として貸し出したいのであれば、10年くらいのスパンでものを考えていった方がいいです。10年以内であれば多少賃料が高くても借り手がつく可能性はあります。分譲マンションのような物件であれば共有設備はつきものですが、これらの設備が充実しているからといって借り手がつくとは限らないという覚悟も必要です。

普通の感覚の人であれば、誰だって少しでも安くて新しい物件に住みたがるのは当然のことです。それを踏まえて賃貸経営として自宅を貸し出すのならば早めに計画を進めていったほうがお得です。この家賃という不労所得で稼ぐことができれば、老後にも安心して備えられますし、何より普段の生活が楽になります。儲かったのならばそれを住み替えるための頭金として使うこともできます。ただ自宅として使っているよりも賃料で得られるお金が多くなれば、それは成功したと言えます。お得な期間は築10年以内ということを頭に入れておきましょう。

注目情報

  • 京都の情報はコチラ。

Copyright 2018 賃貸物件の火災保険の必要性 All Rights Reserved.