賃貸物件を破損した場合、自己負担で修繕することが前提となっています。まずは大家さんに相談してみましょう。

賃貸物件の火災保険の必要性

賃貸物件の火災保険の必要性

賃貸した部屋を破損してしまったら

もし賃貸した部屋を自分の不注意で破損してしまった場合、それは自己負担で直さなければならないことになっています。もし家主側に落ち度があって破損しやすくなっていた、というのであれば話は別です。そういうときには大家さんに相談して大家さんの負担で修繕してもらうことができます。破損してしまう理由は色々あります。たとえば子どもが壁に画鋲を刺してしまったとか、シールを貼ってしまった、障子を破ってしまった、などです。画鋲のあとは多少であれば修正液やティッシュペーパーに接着剤をつけたものを爪楊枝など先の尖ったもので穴に押し込むことで、目立たなくすることができます。もっと大きな穴になってしまうと退居時に壁紙ごと張り替える必要があります。シールに関してはシール剥がしで綺麗に取れる可能性もあります。

障子は破ってしまったのであればホームセンターなどから修理グッズを購入してきて自分で張り替えると安く済むこともあります。多少の破損であればホームセンターにある工具を使って直せるものも多いということを覚えておきましょう。また、ちょうど入っていた賃貸物件が取り壊し間際だったというのであれば修繕しなくても良いということもたまにあるようです。

Copyright 2018 賃貸物件の火災保険の必要性 All Rights Reserved.