賃貸経営は基本的に誰でも行えますが、貸すための物件を手に入れるためにまとまったお金が必要になります。

賃貸物件の火災保険の必要性

賃貸物件の火災保険の必要性

賃貸経営には初期投資が必要

不労所得を狙って賃貸経営を始めるという人も増えているようです。巷でもわりと簡単に誰でも始めることができるということで、自分も始めてみようという人が大半です。そんな素人の人でも賃貸経営は成功させることができるのでしょうか。まず、やろうと思えば貸し出すための物件があれば誰でも始めることができます。不動産の形態としては一軒家でもいいですし、分譲マンション・アパートなどなんでも構いません。マンションやアパートは一軒まるまる所有しているのであればそれを使うことができます。親から相続された不動産でも構いません。問題なのはそういう現在自由に使える物件を持っていない人でしょう。

そういう人はまず自由に使える物件を手に入れるところから始めなければいけません。ここが一番お金がかかるところです。初期投資の段階でつまずく人が多いようですが、それは金融機関の審査の壁があるからです。基本的に年収で200万円以上ないと金融機関の審査に通らない可能性が高いです。主婦の方であれば旦那さんの年収が高いか、もしくは旦那さんに名義を借りることで審査に応募することが必要です。初期投資にまとまったお金さえ作り出すことができれば賃貸経営のスタートを切ることができます。

Copyright 2018 賃貸物件の火災保険の必要性 All Rights Reserved.